過剰摂取NGなむくみ解消成分

むくみ解消成分の注意点

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

むくみ解消の効果が期待できると言われる成分にも、摂取をするうえで注意点があり、それを守らないと逆効果になってしまうことがあります。そのむくみ解消成分の注意点について紹介してみます。

カフェイン

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

カフェインには、浮腫みの解消にも役立つ、下記の様々な作用があります。しかし、カフェイン中毒でも知られるように、カフェインの作用は強力で、過剰摂取は体内に様々な悪影響を及ぼします。

 

  • 利尿作用
  • 血管拡張作用
  • 脂肪燃焼作用
  • 覚醒作用
  • 解熱鎮痛作用
  • 強心作用

 

カフェインの悪影響について

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

カフェインは、摂り過ぎるとむくみの原因になると言われています。カフェインの利尿作用により、水分が体外へ排出されると、カラダが水分不足になってしまいます。

 

また、尿と共にカリウムも排出され、むくみの原因であるナトリウムが蓄積し、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が増加して代謝が悪くなります。また、コルチゾールが高い状態が慢性的に続くと、血糖値が上昇し、高血糖になってしまいます。

 

さらに、高血糖による動脈硬化や糖尿病、血流悪化などの深刻な病気の原因になると言われています。

 

摂取量の目安

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

これらの理由により、カフェインの摂り過ぎは浮腫みを悪化させたり、健康に悪影響を及ぼす事態に陥ることがありますが、適切な摂取量を守るとむくみの解消にも役立ちます。

 

適量は、コーヒーなら1日2〜3杯程度で、摂取量の目安は妊娠可能年齢の女性なら1日300ミリグラムが目安で、その他の健康な成人は1日400ミリグラムが目安になります。しかし、胃腸が弱い人やカフェインに敏感な体質の人等、体質により個人差はあります。

 

カフェインを含む飲料

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

また、カフェインはコーヒーにだけ含まれている成分ではなく、下記の様々な飲料に含まれています。カフェイン含有量が多い飲み物もあるので、表示をしっかりとチェックするのが大切になります。

 

  • 紅茶
  • ココア
  • 抹茶
  • 緑茶
  • ほうじ茶
  • 玄米茶
  • ウーロン茶
  • 栄養ドリンク
  • エナジードリンク
  • コーラ

 

飲むタイミング

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

カフェインには、強い覚醒作用があるので、飲みすぎると就寝中に目が覚めたり、寝つきが悪くなるなどの副作用があります。なので、朝の通勤前など午前中の決められた時間に摂取したり、運動する前に飲むのが浮腫み解消にはオススメです。

カリウム

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

カリウムには、下記のサポートをする効果が期待できます。

 

  • 高血圧の予防・改善
  • 筋肉の弛緩調整
  • 神経細胞の刺激伝達
  • 利尿作用

 

そして、カリウムの利尿作用は、余分な塩分や水分の排出にも効果的です。なので、カリウムは、脚痩せやむくみを解消するためによく摂取される成分です。

 

過剰摂取に注意

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

カリウムは、人間の体内のほとんどの細胞の中にあり、細胞内と外でカリウム濃度が異なっています。また、ミネラルとのバランスを保つ重要な役割を担っているので、カリウムは多過ぎても少な過ぎても不都合が発生します。

 

カリウムは、日常生活では不足気味で、健康な人は1日の規定量を守り、過剰摂取にならないように気を付ける必要があります。また、腎機能が低下している場合や腎臓に作用する薬を服用している場合は、カリウムが過剰摂取になるリスクが高まります。

 

即効性はない

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

カリウムの摂取は、自分の健康状態に合わせて上手く調整をする必要があります。むくみ解消するための効果を出すには、最低でも1か月〜3ヵ月は継続して摂り続ける事が重要になり、たった数日で効果が出ないと諦めるのは、流石に焦り過ぎです。

 

食事から摂取

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

カリウムは、サプリメントを使用すると、飲むだけでなので手軽に補う事が出来ます。しかし、サプリメントはあくまで補助的な手段であると考えて、出来る限り1日3食の食事から摂取するように心掛ける事が大切です。食事内容に気を付けながら、カリウムを積極的に摂るようにしていきます。

 

カリウムを含む食材

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

カリウムは下記の食材に豊富に含まれています。

 

穀類
  • コメ
  • とうもろこし

 

野菜・果物類
  • ほうれん草
  • モロヘイヤ
  • パセリ
  • ブドウ
  • よもぎ
  • 明日葉
  • バナナ
  • アボカド

 

イモ類
  • ジャガイモ
  • サツマイモ
  • 山芋
  • ぎんなん
  • サトイモ

 

調理方法にも注意が必要

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

カリウムを含む食材を調理する際は、茹でるとカリウムもお湯に溶けて流出するなど、調理方法によっては十分に摂取をすることができない場合があります。なので、炒め物やスープ、蒸し料理、煮物など、カリウムなどの栄養素が逃げ出さない調理をするのがお勧めです。

糖分

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

糖分は、脳の栄養になる大切な栄養素で、不足すると頭が働きにくくなります。なので、普通にお米やパン、麺類等の炭水化物を食べ、必要な糖分を摂取することは重要です。しかし、過剰に摂取してしまうと、必要以上の水分を吸収して溜め込み、むくみを引き起こしてしまいます。

 

特に、毎日のように砂糖が沢山含まれたスイーツやお菓子を食べている人は要注意で、折角塩分や脂肪、アルコールの摂取量に気を付けていても意味が無くなります。

 

浮腫みが起こるメカニズム

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

糖分の摂り過ぎにより脚が浮腫むメカニズムは、糖分により体内に水分が溜め込まれ、全身の水分循環が上手くいかなくなることが原因と言われています。水分が排出されずに溜め込まれると、血管が圧迫され、押し広げられます。それにより、血管から水分が染み出し、むくみが起こります。

 

塩分程の即効性はありませんが、糖分も同じようなメカニズムでむくみを引き起こします。

 

糖分は様々な食品に含まれる

 

むくみ,注意,解消,成分,逆効果

 

糖分の過剰摂取は、むくみや脂肪が付きやすくなり、肌の老化を加速させてしまうので、美容の大敵になります。甘いと感じる食べ物には、もちろん糖分が多く含まれていますが、主食になる炭水化物や様々な料理にも糖分は含まれています。

 

なので、食事の他におやつなどの間食まで食べると、過剰摂取になりやすくなります。特に意識したいのは、和菓子や洋菓子、チョコレート等のお菓子類や甘いジュースや飲み物に含まれる砂糖、糖質の入っているお酒や甘みが強い煮物等のおかずです。

 

また、主食においても、パンやめん類よりも白米の方が糖分が低く、白米よりも玄米や麦などの雑穀米の方が糖分が低いことを意識して食べるといいでしょう。少しずつ糖分を少なめにする生活を意識し、慣れていくことが重要になります。

クリスチャンスキニー加圧レギンスの通販申し込みはこちら!トップページへ大根のように太いパツパツな太股が気になる方、下半身デブ体型がコンプレックスの方は、トップページでクリスチャンスキニーの詳細をチェックしてみてください。