着圧タイツ 重ね履き

着圧タイツの重ね履きは避けた方がいい?

 

着圧タイツ,重ね履き

 

着圧タイツの効果を更に強くするために重ね履きをするのは、一見良さそうに思うが絶対に行ってはいけないです。脚に必要以上に圧力がかかってしまい、血液循環が悪くなります。血液循環が悪くなると、脚が冷えてしまって更にむくみを招く原因になります。

 

また老廃物も排出されなくなり脚の脂肪も残ってしまい、脚痩せ効果も得られなくなります。またかゆみや湿疹等の、肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。着圧タイツを履く時は、必ず1枚で履きます。着圧タイツと着圧ソックス等、別のアイテムを組み合わせて履くのも禁止です。

 

重ね履きをするなら、圧力が高い着圧タイツを1枚購入して履く方が良いです。1枚でも長時間履くのは脚に負担をかけ過ぎるため良くないが、重ね履きをして長時間履くのは更に脚に負担をかけてしまいもっと悪いです。

 

着圧タイツの効果では脚の疲れも取れるが、重ね履きで長時間履いてしまうと圧力が強過ぎて反対に脚が疲れやすくなってしまいます。正しく履く事でこのようなトラブルを防ぐ事が出来て、着圧タイツの効果を得やすくなります。

 

今まで間違った履き方をしていた人や、着圧タイツに慣れていない人も十分気を付けて履くようにします。

着圧タイツを履いて内出血しないようにする方法

 

着圧タイツ,重ね履き

 

メーカーの公式サイトにサイズの表記が載っているため、参考にして選びます。むくみや冷え性の改善のために着圧タイツを履いても、履き方が間違っていては逆にむくみや冷えを促進して本末転倒になります。着圧タイツは昼間履く事が多いが、24時間履き続けるのはおすすめしないです。

 

着圧タイツを重ね履きするのは、駄目な履き方です。温かいからと冷え性の人がやりがちであるが、効果が上がるわけではないです。加圧が強過ぎるのも、内出血する原因になります。サイズ選びは重要で、ウエストやヒップだけではなく太ももやふくらはぎや足首等の細かいサイズを見ます。

 

着圧タイツは心地良い締め付け感であるため、初めは効果を感じられます。しかしずっと履き続けると、逆に脚に疲労が溜まってしまい脚がだるいや重いと感じてしまいます。効果をきちんと感じるためには、日中履いたら就寝中は脱いで就寝中履いたら朝起きた時に脱ぐようにします。

 

着圧タイツには昼用と夜用があり、夜用に比べると昼用の方が着圧力が高めです。昼用を夜の就寝中に履いてしまうと、着圧力が強過ぎて寝ている間に内出血してしまう恐れがあります。朝起きたら脚が内出血している事もありえるため、就寝中は必ず夜用を履く事が大事です。

着圧タイツ血行不良などについて

 

着圧タイツ,重ね履き

 

足のむくみをカバーしてくれる着圧タイツは適度な圧力で血液・リンパの流れをよくしてくれ足のむくみやだるさを解消してくれるアイテムです。

 

着圧タイツ選びでチェックすべきは着圧ですが足を圧迫する力が強ければ、それだけ高効果が期待できそうな気がしますが、圧力が高ければ良いというものではなく人によって圧力が高すぎて逆効果になる場合もあります。

 

着圧タイツの圧力表示は(ヘクトパスカル)hpaもしくは(ミリエイチジー)mmHgという単位で示され1mmHg=約1.3hpaで数値が高いほど圧力が高くなります。滞りがちな血液・リンパの流れをよくするため、足首から上に向かって圧力が徐々に弱くなっていくのが一般的です。

 

着圧タイツは足首部分が20〜30hpa・ふくらはぎ部分が10hpa・太もも部分が5〜15hpaあれば着圧タイツの効果が期待できます。医療用の商品で足首部分の圧力が30〜40hpaの物もありますが血行障害を起こすこともあります。

 

着圧タイツは様々な機能性を施した商品もあり選ぶ際は、消臭効果が期待できる商品や冬場の寒い時に履く発熱加工を施している商品もあり最近は見た目の良いお洒落な着圧タイツあります。

 

ストッキングやタイツで使用される糸の太さの事を一般的にデニールと言われています。このデニール数値が大きいほど厚みがあり、着用時の透け感など考慮して選ばれることが多いです。このデニール数値が高いと血流促進を高める効果があるそうです。

 

ストッキングの場合70デニールというのが一般的で、70デニール以上になれば透けた感もなくなりタイツに近くなります。70〜140デニールになると締め付け感がさらに高く血流改善に効果が期待できます。着圧タイツも人により良い圧力も変わります。

 

色々な履き比べながら自分に合った商品を選ぶのも着圧タイツ選びの楽しみになりそうですね。

着圧タイツでかぶれる時の対処法

 

着圧タイツ,重ね履き

 

着圧タイツを履いてかぶれる原因は、締め付け感にあります。締め付け感が強過ぎると、血行不良になり肌に負担がかかってしまいかぶれてしまいます。着圧タイツの履き口や比較的締め付けが強い足首等の部分に、かぶれが起きやすいです。

 

かぶれが起きないようにするには、着圧タイツのサイズを選ぶ時にはきちんとサイズを測って脚に合ったサイズを選ぶ事です。圧力がきつ過ぎると汗を掻きやすくなり、かぶれの原因になる可能性が高くなります。伸縮性の高い着圧タイツは、化学繊維が使用されている事が多いです。

 

化学繊維は肌を乾燥させて、かぶれの原因になる事があります。なるべく天然素材が入った着圧タイツを選ぶようにして、肌の潤いを守ってくれるシルクや肌に優しい綿等が織り込まれている着圧タイツがおすすめです。

 

普段から長時間履いている人もいるが、長時間履き続けると肌への負担が大きくなってかぶれる事があります。履く時間を決めて履くように心掛けて、寝る時には比較的着圧の弱い就寝用の着圧タイツを履くのも大切です。

 

着圧タイツを履いて美脚を手に入れても、脚がかぶれてしまっては台無しになってしまいます。肌をいたわりながら、上手に着圧タイツを活用します。

クリスチャンスキニー加圧レギンスの通販申し込みはこちら!トップページへパンパンなふくらはぎがコンプレックスの方、凸凹のセルライトやむくみが気になる方は、トップページでクリスチャンスキニー加圧レギンスの詳細をチェックしてみてください。