着圧タイツ サイズ 選び方

着圧タイツのサイズの選び方とは?

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

着圧タイツは、それぞれの商品に書いてあるサイズの選び方の数字を見て選びます。サイズが少ないものは、ヒップサイズのみ表記された1サイズしかなく、サイズが多いものでは身長とヒップ、足首、ふくらはぎ、足の5つの数値が記載されています。

 

これらのサイズ表記と自分のサイズを見比べて、合うサイズの物を選んでいきます。

 

2サイズで迷ったら?

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

多くのメーカーのサイズは、S〜MとM〜Lの2種類に分かれています。そして、自分のサイズがふくらはぎはS〜Mでも足首はM〜Lだったりと、サイズが決められない場合は、足首のサイズに合わせて選ぶようにします。

 

ただし、例外としては、ショーツタイプで迷った場合は大きいサイズを買うようにするのが良いでしょう。着圧タイツは、緩すぎると履く意味がなくなりますが、反対に締め付けが強過ぎても脚に負担をかけてしまいます。

 

自分に合ったサイズを選ぶ事で、むくみ改善の効果や美脚ラインが得られます。また、圧力も適度にかかるようになり、きちんと効果が出せるようになります。

 

返品できるメーカーから購入する

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

メーカーによっては、サイズが合わない場合は返品が出来るところもあります。着圧タイツは試着が出来ないので、返品が出来るか購入前に確認をしておくと良いでしょう。

 

返品が出来ない場合は、サイズの買い替えを行うしかありません。買い替えをすると無駄になってしまうため、返品出来るメーカーから購入する方がお得です。

着圧タイツを履いてウォーキングをする

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

着圧タイツは、良く動く時間帯に履くのがオススメの履くタイミングと言えます。そのため、ウォーキング中の動作が発生しやすい状況や時間帯に履くのが効果的です。

 

なぜウォーキング中が良いの?

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

着圧タイツは、脚のポンプ機能を補助して血行を良くするように開発されています。圧力がかかる事で、血行が良くなり老廃物の除去が促進されます。血行が良くなると、脂肪が燃焼されやすくなりダイエットに繋がります。

 

ウォーキングを行うと、脚を動かすため血行が良くなりますが、着圧タイツを履いてウォーキングを行うと、血行が更に良くなります。なので、ダイエット目的でウォーキングを行う人は、着圧タイツを履いて行うのがおすすめです。

 

ウォーキングを行うのが苦手な人は、着圧タイツを履いていつもより多めに歩くだけでもかなり違います。

 

ウォーキングするとズレない?

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

ウォーキング程度の運動では、着圧タイツが大きくズレる事はありません。数十分に一回くらいかかとの位置を調整するだけで大丈夫です。

 

着脱を繰り返すと良い

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

長く履くよりは、2〜3時間置きに着脱を繰り返すようにします。圧力をかけて制限していた血流が、着圧タイツを脱ぐ事で一気に解放して老廃物を押し出します。その方が、一日中履き続けるよりも効果が上がります。

災害時にも助かる!着圧タイツでエコノミー症候群を予防

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

エコノミー症候群は、長期間の移動のときに起こりやすいと言われています。エコノミークラス症候群と聞くと、飛行機などでの移動のときの発症を想像する方も多いのではないでしょうか。しかし、普段の生活のなかでもエコノミー症候群の発症の危険があります。

 

エコノミー症候群は日常生活でも起こる

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

デスクワークや立ち仕事など、長時間同じ姿勢でいないといけない場合や、こまめに席を外したりできないときは、エコノミー症候群を発症しやすくなります。他にも、妊娠中の方も大きなお腹が下腹部を圧迫し、血液の循環が悪くなるために発症してしまうケースもあります。

 

着圧タイツで予防できる

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

そんな中でも覚えておきたいことは、例えば災害時の避難先でエコノミー症候群になりやすいということです。避難所で同じ体制でいることのほかに、車中泊を繰り返しているとエコノミー症候群になりやすくなってしまいます。

 

そんなときに着圧タイツがエコノミー症候群を予防してくれるのです。着圧タイツは、履くだけで脚の筋肉のポンプ作用を助ける役割をします。そのため、全身に血液が送られやすくなり、エコノミー症候群の予防になるのです。

 

また、着圧タイツは市販のものから医療用まで実に種類豊富です。脚にかかる圧も種類によって異なるので、いろいろ試してみるといいですね。地震大国と呼ばれる日本に住んでいるからこそ、災害グッズにも、着圧タイツを取り入れたいものです。

着圧タイツの替え時とは?

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

着圧タイツの替え時についてまとめてみました。

 

使用開始して3ヶ月経過したとき

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

着圧タイツは、履き続けていると効果が落ちていきます。半年で約11%、1年で約30%は効果が低下するようで、メーカーや商品にもよりますが、毎日履いて大体3か月と言われています。

 

履く頻度により前後しますが、使い続けて着圧が緩くなってくると、十分な効果を得る事が出来なくなったり他の所を締め付けてむくみが酷くなってしまう場合があります。正しい使用方法でしっかりと使うと、一定の効果を得る事が出来ます。

 

破れた場合

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

着圧タイツが破れた場合も、替え時になります。破れていると、引き締め効果が得られなくなります。また、雑な使い方をすると直ぐに破れてしまうため、使用する時には優しく扱います。伸び過ぎた爪やささくれがあると、着圧タイツの繊維に引っ掛かりほつれる原因になります。

 

脚はもちろんですが、手の爪やささくれも要注意です。履く時に手の爪で破れる事があり、生地が伸びた状態で引っ掛けると破れやすくなるため、履く時や脱ぐ時は注意をします。

 

買い替え時期を延ばすには?

 

着圧タイツ,サイズ,選び方

 

着圧タイツは生地を伸ばし過ぎないで丸めて履くのがポイントで、無理な履き方をすると直ぐに駄目になってしまいます。着圧タイツは1枚を毎日履く事は少なく、2、3枚持っていて交代で履いていく事が多いはずです。この場合は、替え時を延ばせます。

クリスチャンスキニー加圧レギンスの通販申し込みはこちら!トップページへパンパンなふくらはぎがコンプレックスの方、凸凹のセルライトやむくみが気になる方は、トップページでクリスチャンスキニー加圧レギンスの詳細をチェックしてみてください。